予算や参加人数などで選ぶ二次会景品

乾坤式等の二次会に景品を用意すると、ゲームをする場合に会場を盛り上げることができます。


選び方には別に決まりごとはありませんが、盛り上がるためには工夫をして選ぶ必要があります。

例えば、目玉景品は二次会にはあった方が良いです。



それを目当てにゲームを頑張ろうと思ってもらえますし、当選した人が出れば会場も盛り上がります。


なるべく多くの人に二次会景品が行き渡る工夫もしておきたいところです。


なにももらえないよりは、参加賞程度でももらえた方が参加したという実感を持つことができますから、たとえ目玉が当たらなかったとしても満足してもらうことができます。


目玉にお金を使うとどうしても他は低価格にならざるを得ませんが、安くても使える日用品や消耗費であれば、もらったことが逆に迷惑になってしまうということはないため、おすすめです。

メリハリをつけることは重要です。



全部を豪華にすることはできませんから、高額な物は一つ、あとは少し良い物、その他、という具合に用意しておくと、たとえ目玉がすでにあたってしまった場合でも、会場がしらけることはないでしょう。


組み合わせは、センスが問われるところです。



二次会景品を販売している業者を利用すれば、すでにセットが組まれているので、特に悩むことなく用意できます。

予算に応じた組み合わせも用意されていますし、組み合わせて自分でセットを作ることもできます。
そのため、二次会景品を用意する係の人の利用に適しています。